月別アーカイブ:2008年02月

2008年02月の記事一覧。退職後豊後高田市に移住し田舎ぐらしの体験を綴っています都会で消耗している方々に田舎は人生の楽園です豊かな自然に囲まれ人生をエンジョイしましょう!!

過去記事ー料理
    今日は合い挽き肉が残っていましたので ハンバーグを作りました。 今まで作った内で一番の出来と自我自賛しています。 いつもと違うのはブランデーを加えたことと 肉に塩を加え100回以上肉を徹底的に こねたことです。 とてもジューシーで美味しいハンバーグが出来満足しています。...

記事を読む

過去記事ー料理
今日のおかずはチキンケチャップソテーを作りました。 鶏肉は塩、コショウだけでソテーしても味が淡白ですので ケチャプソースを絡めました。 <作り方>   1. 鶏もも肉に塩、コショウで下味をつける。   2. 1.に片栗粉をまぶしフライパンに油をひいて      中火でソテーする。   3. 両面焼けたらケチャップソースを加え肉に      絡めるようにソテーする。   4. 野菜を添えて出来上がり。  ケチ...

記事を読む

過去記事ー料理
 オレンジページを参考にサワラのローストに挑戦しました。...

記事を読む

過去記事ー料理
       本日も家計のやり繰りに安い食材を求めスーパーに!! これといった材料がなかった為いつものとうりの買出しでした。 こんばんはまたまた中華で回鍋肉にしました。 これと言った特徴はありませんが、豆板醤とテイエンメンジャン (北京ダックの皮に塗るミソ)を入れ、更に自家製ヤンニンダレ も入れています。 豚肉は一度茹でてから炒めています。茹でる時豚肉を一枚一枚剥がしていれます。こうすると炒める時に固ま...

記事を読む

過去記事ー料理
冷蔵庫に鶏肉がありましたので こんばんはから揚げです。 ジューシーな、から揚げは「揚げ方」にあるようです。 ためしてガッテンを参考に作りました。 <美味しさの条件>       鶏肉の内部温度が60~80度を保つといいそうです。   これは実験結果のようです。 そこで 1.180度で一分半   この段階では肉の温度は30度くらいで外側は   白っぽいです。      2.パット上で4分くらい休ませる   休ま...

記事を読む

過去記事ー料理
       シチューはいつも「スロークッカー」で作っていますので 普通の作り方は知りません。自己流ですので どなたか正しい作り方を教えてください。 <材料>   魚介: 生鮭、ホタテ(塩、コショウ)   野菜: カブ、にんじん、ブロッコリー、ジャガイモ <作り方> 間違いだらけと思います。 1.ベーコン、野菜を炒める  (ブロッコリーはゆでるだけ) 2.コンソメスープを入れて煮る 3.魚介を入れ更に煮る(...

記事を読む

過去記事ー料理
初めてミートソースを作りました。 ラ・ベットラの落合務シェフの本に従って そっくりそのまま作りました。 手順を4-5回読んで記憶してから取り掛かりました。  <手順> 1. たまねぎ…1/2個とにんじん・セロリ…各1/3本を   みじん切りにする。 2.フライパンにオリーブ油大匙4をいれ、   弱火で20分程焦がさないようにいためる。   野菜の水分だけを飛ばし、甘みがでるそうです。   これを「ソフリット」と...

記事を読む

過去記事ー料理
   暇に任せポテトコロッケと春雨炒めを作ってみましたが 見事に失敗しました。 コロッケは料理本に出ている手順どうりでしたが、 パンクしました。 原因は揚げる油の温度が低過ぎ、私のような素人が失敗し易い例です。 多分温度が160度くらいで揚げたのでしよう。 中温(170-180度)で揚げませんとパンクします。 特に冷凍コロッケを使う場合は特に注意、 冷凍食品を揚げる場合は高温で揚げるのが鉄則のようです。 ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ジューシーなハンバーグ

    ジューシーなハンバーグ




今日は合い挽き肉が残っていましたので
ハンバーグを作りました。
今まで作った内で一番の出来と自我自賛しています。
いつもと違うのはブランデーを加えたことと
肉に塩を加え100回以上肉を徹底的に
こねたことです。

とてもジューシーで美味しいハンバーグが出来満足しています。
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

チキンケチャップソテー

IMG_0811_edited_convert_20080302074148.jpg



今日のおかずはチキンケチャップソテーを作りました。
鶏肉は塩、コショウだけでソテーしても味が淡白ですので
ケチャプソースを絡めました。

<作り方>

  1. 鶏もも肉に塩、コショウで下味をつける。
  2. 1.に片栗粉をまぶしフライパンに油をひいて
     中火でソテーする。
  3. 両面焼けたらケチャップソースを加え肉に
     絡めるようにソテーする。
  4. 野菜を添えて出来上がり。

 ケチャップソース(3人前)

   ケチャップ 大さじ 3
   蜂蜜    大さじ 2
   醤油    大さじ 2
   酒     適宜
   ニンニク  一片 (おろす)

<感想>
   ケチャップソースで作ったのは初めてでしたが
   ケチャップと蜂蜜を合わせたのが正解でした。
   それに色がとてもきれいにできました。
   見た目も味の内ですね。
   家族からも好評でした。 
 カテゴリ
 タグ
None

サワラのロースト

 サワラのロースト




オレンジページを参考にサワラのローストに挑戦しました。

<手順>

1.トマトは熱湯に5-6秒つけて湯むきする。
  トマトを1センチ角に切り
  フライパンで中火で煮る。
  エキストラバージンオイルを加える。 
2.サワラは塩、コショウして小麦粉をまぶす。
3.オリーブ油を熱して中火で焼く。
  両面焼けたら余分な油をペーパータオルで拭き
  白ワインを加える。
  ワインが煮たったらサワラを取り出す。
4.皿に1のトマトソースを敷き サワラをのせる。
5.炒めておいた野菜を添えて出来上がり。

  あっさり味でサワラがカリッとして美味しかったです。

 カテゴリ
 タグ
None

回鍋肉

       回鍋肉



本日も家計のやり繰りに安い食材を求めスーパーに!!
これといった材料がなかった為いつものとうりの買出しでした。
こんばんはまたまた中華で回鍋肉にしました。
これと言った特徴はありませんが、
豆板醤とテイエンメンジャン
(北京ダックの皮に塗るミソ)を入れ、
更に自家製ヤンニンダレ も入れています。

豚肉は一度茹でてから炒めています。
茹でる時豚肉を一枚一枚剥がしていれます。
こうすると炒める時に固まりません。
 カテゴリ
 タグ

鳥肉のから揚げ

鳥肉のから揚げ




冷蔵庫に鶏肉がありましたので
こんばんはから揚げです。
ジューシーな、から揚げは「揚げ方」にあるようです。
ためしてガッテンを参考に作りました。

<美味しさの条件>   
   鶏肉の内部温度が60~80度を保つといいそうです。
   これは実験結果のようです。
そこで
1.180度で一分半
  この段階では肉の温度は30度くらいで外側は
  白っぽいです。     
2.パット上で4分くらい休ませる
  休ませることにより衣で肉が温まり
  60~80度で火が通うっています。
3.二度目は180度で40~50秒
  仕上げで色が着きカリッします。
  又ころもですが下味をつけた後に溶きタマゴに      
  くぐらせてから、粉(上新粉、片栗粉)をつけると
  水分が抜けづいいそうです。
  下味をつけてから少量の水を加えて20~30秒
  もむとジューシーになるそうです。

 カテゴリ
 タグ
None

今夜はシチュー!!

    シチュー

   



シチューはいつも「スロークッカー」で作っていますので
普通の作り方は知りません。自己流ですので
どなたか正しい作り方を教えてください。
<材料>

  魚介: 生鮭、ホタテ(塩、コショウ)
  野菜: カブ、にんじん、ブロッコリー、ジャガイモ
<作り方> 間違いだらけと思います。
1.ベーコン、野菜を炒める
 (ブロッコリーはゆでるだけ)
2.コンソメスープを入れて煮る
3.魚介を入れ更に煮る(塩、コショウ)
4.ホワイトシチューのルーを入れる。 
  味を確認して塩、コショウを入れる
5.最後にブロッコリーを添える 
 カテゴリ
 タグ
None

スパゲティミートソース

スパゲティミートソース




初めてミートソースを作りました。
ラ・ベットラの落合務シェフの本に従って
そっくりそのまま作りました。
手順を4-5回読んで記憶してから取り掛かりました。

 <手順>

1. たまねぎ…1/2個とにんじん・セロリ…各1/3本を
  みじん切りにする。

2.フライパンにオリーブ油大匙4をいれ、
  弱火で20分程焦がさないようにいためる。
  野菜の水分だけを飛ばし、甘みがでるそうです。
  これを「ソフリット」と言うそうです。

3.牛ひき肉300グラムに塩(小さじ1)、
  こしょうで下味をつけ、5分ほど置く。

4.厚手の鍋にオリーブ油大さじ3を入れて強火で熱し、
  牛ひき肉を加えて焼き色をつける。

  *なるべくいじらず、しっかりと焼き色をつける
  *肉はパラパラにする必要はなく、ゴロゴロしている方が
おいしいそうです。
  *焼き色をつけることで、肉のうまみと香りを
   引き出すことが出来るそうです。

5.ソフリットに赤ワイン120ミリリットルを入れ
  ひと混ぜし、ローリエを加え、2~3分煮る。

6.つぶしたトマトの水煮一缶(500ml)を缶汁ごと加え、
  塩(小さじ1)を入れて味をつける。
  沸騰するまでは強火、その後、弱火に落として20分ほど煮込む。

<仕上げ>

1.フライパンにミートソースを入れ、弱火で温める。
2.ゆで上がったパスタ、バターこさじ2
  パルメザンチーズ大さじ2を加えて、全体を混ぜる。

<感想>

  初めてでしたので出来上がるまでに一時間以上かかって
  しまいましたが、出来合いの缶詰めのソースとは
  一味違う美味しいミートソースができ家族も満足
  してくれました。

  写真2はキャベツとベーコンのスープです。

  これからもたくさんのパスタに挑戦する意欲が
  湧いてきました。

  参考にした本
   ちゃんと作れる「イタリアン」
       ラ・ベットラ オーナーシェフ 落合務
 カテゴリ
 タグ
None

パンクしたコロッケ

  パンクしたコロッケ



 
暇に任せポテトコロッケと春雨炒めを作ってみましたが

見事に失敗しました。

コロッケは料理本に出ている手順どうりでしたが、

パンクしました。

原因は揚げる油の温度が低過ぎ、私のような素人が失敗し易い例です。

多分温度が160度くらいで揚げたのでしよう。

中温(170-180度)で揚げませんとパンクします。

特に冷凍コロッケを使う場合は特に注意、

冷凍食品を揚げる場合は高温で揚げるのが鉄則のようです。
  <高温:185-190度>

ベテラン主婦の方はこのような失敗はしないでしようが。。。

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。