月別アーカイブ:2008年03月

2008年03月の記事一覧。退職後豊後高田市に移住し田舎ぐらしの体験を綴っています都会で消耗している方々に田舎は人生の楽園です豊かな自然に囲まれ人生をエンジョイしましょう!!

過去記事ー料理
通勤の途中で白鷺を発見しあわててシャッターを切った。 珍しくはないが写真に収めるのは初めてだ。  写真の上で             クリックしてください。拡大されます。 満開の桜の写真が取れるのも後2-3日です。桃色の花びらも美しいが、白の花びらは清楚で好きだ。 雨に打たれ満開のサクラが見られるのも今日一日か? 晩御飯は出勤前に作った鰈のおろし煮。 帰宅してサラダを作った。 おろし煮はサンマでも良く作る...

記事を読む

過去記事ー下町散策
九段下に着き靖国神社へ 境内に咲く桜も美しい!! 植木も販売されていた。赤、ピンク、白の色どりが素晴らしい! 靖国神社。 お参りする参列者が並ぶ。 櫻の散策はつぼみか、少し散った頃が多いが 今回は満開の時に見ることができた。 少し肌寒い日であったが楽しい一日であった。 竹橋より帰路に着いた。 ブログランキングに参加しています。この下のタグをクリックしてネ!! "...

記事を読む

過去記事ー下町散策
九段下まで続く櫻並木。散った花は殆どなくまさに満開であった。人並みに押され、ゆっくり観賞できなく残念!!   ブログランキングに参加しています。 この下のタグをクリックしてネ!!...

記事を読む

過去記事ー下町散策
  昨日は櫻を見に千鳥ヶ淵公園へ散策に出かけた。 最寄の駅より新橋駅地下鉄に乗り換え半蔵門駅まで約一時間であった。 駅を降りるとかなりの人で混雑していた。 最初に見たピンクの木蓮としだれ櫻。    ブログランキングに参加していますこの下のタグをクリックしてネ!!...

記事を読む

過去記事ー料理
朝の通勤時間を早め今日もサクラをカメラに収めた。 ボケの赤が見事!! 今晩の料理は私の担当ではなかったが真鯛とフキがあったので作ってみた。真鯛のソティーは特に変わった作り方はしていないが 白ワインとバターソースを使った。もうフキがでている。油揚げとのコンビは最高だ。 一番好きな煮物である。味はあくまでも薄味に。。。 旬の素材の素朴な味を楽しみたいものだ。 この煮物も亡き母が好きであった。 遺影の写真に言...

記事を読む

過去記事ー料理
今日も通勤途上で櫻を撮った。きれいですね。暫らく立ち止まりウットリ!! 今晩のおかずは冷凍のマグロを解凍しマグロの漬け丼と野菜炒めにした。 野菜炒めにはビーフンも入れた。 我が家の居候の猫のブチ。コタツに入り爆睡中     櫻が咲いてもまだコタツの中がイイニャ ブログランキングに参加しています。 この下のタグをクリックしてネ...

記事を読む

過去記事ー料理
   今夜はポークカツが主菜 。副菜にはカノウユミコさんの 「野菜がおいしい!一生もののレシピ」の中から かんぴょうの照り焼きを作ってみた。 もちろん初めて。。 ・かんぴょう30gを水で戻し7-8分茹でる。  戻し汁を1/2カップ残す。 ・しょうゆ、砂糖、しょうが汁で下味をつけ、  パットに並べ茶漉しを使って小麦粉をまぶす。 ・フライパンにゴマ油を熱しこんがり焼き、しょうゆ、  戻し汁で更に炒める。 ・青のり...

記事を読む

過去記事ー料理
通勤途上で撮影した櫻、長かった寒さに耐え、 今年も見事に開花してくれた。春のいぶきの始まりだ。   今夜の食卓も給料日だと言うのに質素でした。 倹約は美徳?ただ財布の中が寂しいだけの話し。 刺身用アジを買い急いで帰宅。ご飯が炊き上がるまでに3品作るのは 料理歴の浅い私には至難の業だ。 今日にメニューは何度も作っているのでレシピ本はいらない。 ・アジを三枚におろしソテーし生のトマト、  ピーマン、たまねぎ、...

記事を読む

過去記事ー料理
   昨日撮ったベランダのゼラニューム,サクラ草、と パンジー。 パソコンから見える位置にあり花はいつも私を癒してくれる。 今夜のおかずは牛肉とブロッコリー炒めと煮物。 煮物は一昨年亡くなった母の大好物であった。 信州に帰省するたびに食卓に並んでいた。 味付けは母から妻にそして私に引き継がれている。 ダシは干し椎茸を一晩水につけたダシ汁。 干し椎茸は高価な為、生の椎茸を網に入れ 自分で干して使っている。 シ...

記事を読む

過去記事ー料理
昨晩は長男が帰宅した為財布から全財産を投資して 新鮮な鰤とスルメイカを買った。 スルメイカはイカスミのパスタを作ってみたかったからだ。 さあ~て鰤はどうしよう? 刺身か照り焼きが一般的だが鍋を思いついた。 私は照り焼きに家族は鍋にした。 鰤は「出世魚」と呼ばれ成長につれ名前が変わる。 東シナ海で生まれたゼロ歳魚は体調20cm、体重120gほどで 「わかし」と呼ばれ関東では一年後に「イナダ」更に成長し「ワラ...

記事を読む

過去記事ー料理
   19時を過ぎていたのでいつもの魚屋さんへ行き食材を物色した。 このお店は19時過ぎるとたいていの商品は半額になる。 今日はアジ、ヤリイカが半値になっていたのでイカをgetした。 刺身でもいける。沖釣りも趣味だから魚の鮮度は判断できる。 帰りのバスでレシピを考案。ヤリイカの肉詰めに決定した。 <材料>   ヤリイカ    4杯(小さめ)   豚肉      150gくらい(いつも適当)   ホウレンソ...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
 鎌倉駅より賑わう小町通りを抜け 櫻の花を求めて八幡宮へ。。 橋を渡り直ぐ左に咲いている桜だが既に葉桜であった。  八幡宮の正面と右脇に咲く櫻は満開だ。 素晴らしい美しさにしばし見とれる!!感激  通りのお店、たくさんお面が並んでいた。 長谷と八幡宮で三時間の散策であった。 気温も20度と暖かく楽しい一日でした。 櫻の開花予想は26日とか? この暖かさでは今週末には満開になるのでは。。。 今週末も鎌倉の花巡...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
 三週連続で花巡りに出かけた。 最初に長谷寺、大仏(高徳院)に向かった。 途中に収玄寺の花を撮影した。途中に喫茶店の面白い暖簾が。。   長谷寺に着き散策を開始。  境内の櫻は既に葉桜だ!お地蔵さんがカワイイね。    長谷寺を後にし、大仏(高徳院)に向かった。 相変らずの人気スポット、混雑していた。  大仏(高徳院)を後にし江の電で鎌倉駅へ続く ブログランキングに参加しています。 nking...

記事を読む

過去記事ー料理
今日は休み、近所の業務用スーパーで買出し。 買出しも料理も私の担当。主夫は辛い。。。。 <鮭のムニエルさっぱりきのこソース>    もう一品はきれいな「かぶ」があったので、    冷蔵庫の冷凍エビで <かぶのえびそぼろ煮> 1.サーモンのムニエル★さっぱりきのこソース  材料:3人分 <材料 >      生鮭 3切れ      エリンギ      100g      えのき       100g      ぶなし...

記事を読む

過去記事ー料理
  昨晩はアジフライだったので今日は肉料理 冷蔵庫に貧困家庭には珍しく牛ヒレ肉があったので 牛ヒレ肉サイコロ、おろしダイコン添えにした。 <材料3人分>   牛ヒレ肉サイコロ   塩 少々   黒粒コショウ 少々   赤ワイン 100ml   おろしダイコン 2カップ   醤油 大さじ2 <付け合わせ>    ホウレンソウ、もやし <作り方> (1)牛肉は、塩・コショウをふる。 (2)フライパンにバターを熱し、(1)を好みの焼き加減...

記事を読む

過去記事ー料理
  今夜のおかずはチンジャオロース風料理です。 但し牛肉ではなく豚肉で、たけのこの代わりにジャガイモを使った。 <材料>   ・豚肉    300g   ・ピーマン  3個   ・ジャガイモ 3個(小)   ・にんにく  1かけ   ・サラダ油  大さじ2 <下味>   ・酒   ・しょうゆ   ・サラダ油   ・片栗粉         各小さじ1-2 <合わせ調味料>   ・しょうゆ  大さじ2   ・酒   ...

記事を読む

過去記事ー下町散策
池上梅園に隣接する本門寺を示唆ぶりに訪れた フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によると <起源と歴史> 本門寺は、日蓮が生涯最後の20数日間を過ごし死去した、 武蔵国千束郷(東京都大田区池上)の地に建てられた寺院である。 弘安5年(1282年)9月8日、当時61歳で病をかかえていた日蓮は、 本拠地の身延山をあとにした。 常陸(茨城県)の湯治場へ病気療養へ向かう予定だったという。 9月8日、日蓮は武蔵国千束郷に...

記事を読む

過去記事ー下町散策
  先週の湯島天神に続き今日は池上梅園に出かけた。 今日は先週以上に梅見物には最高のお日和だった。 戸塚駅より50分で東急池上駅に着いた。 池上駅より徒歩15分梅園に着き受付で100円の入園料を払い 園内に入った。 池上梅園は丘稜斜面をうまく利用して、段差をつけて 梅を配置しているのが素晴らしく毎年楽しみにしている。 園内には、ウメが約370本あり、芳香を放ちながら 紅白の花が咲き乱れていた。 また、園内には...

記事を読む

過去記事ー下町散策
  陽が少し緩くなり恒例の「文京梅まつり」が開かれている 東京都文京区の湯島天神に向かった。 鎌倉が近いが残念ながら鎌倉は宝戒寺、頼朝の墓辺りに 梅は見られるが梅園は存在しない。 戸塚駅ー東京ー大手町経由で湯島まで約1時間強の道のりであった。 湯島天神は文明10年(1478)に太田道灌が再興、 天神様・菅道道真を祀り、学問の神様として参拝者が多く 亀戸天神、谷保天満宮とならび江戸三大天神として知られている。 「...

記事を読む

過去記事ー下町散策
過去東京に21年も住みながら殆ど東京の事は知りません。 そこで昨年より四季の鎌倉散策と併行して「東京下町散策」を ライフワークのひとつにしました。 今回は駒込駅に程近い「六義園」に行ってみました。 「六義園」・・・読み方は築造当時には「むくさのその」と よばれていたそうですが、現在では漢音読みで「りくぎえん」と読みます。 <紹介> 1.作った人   六義園」を造ったのは五代将軍徳川綱吉の側用人「柳沢吉保」で...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

鰈のおろし煮

通勤の途中で白鷺を発見し
あわててシャッターを切った。
珍しくはないが写真に収めるのは初めてだ。
s-IMG_1211_edited.jpg s-IMG_1210_edited.jpg写真の上で
            クリックしてください。拡大されます。

満開の桜の写真が取れるのも後2-3日です。
桃色の花びらも美しいが、白の花びらは清楚で好きだ。
雨に打たれ満開のサクラが見られるのも今日一日か?

s-IMG_1190_edited.jpg

晩御飯は出勤前に作った鰈のおろし煮。
帰宅してサラダを作った。
おろし煮はサンマでも良く作る。サッパリして美味しい!!
写真はコントラストが強過ぎたね。
もっと柔らかくないと?
s-IMG_1120_edited.jpg

s-IMG_1131_edited.jpg

雨に打たれながらも必死に咲くサクラ。
冬の寒さに耐えこの春を待っていたのに、
開花から7日ばかりで散る運命とは。。。
来年も再来年もまた美しい姿を見せて欲しい。。。

ブログランキングに参加しています。
この下のタグをクリックしてネ!!
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

千鳥ヶ淵公園散策3

九段下に着き靖国神社へ
境内に咲く桜も美しい!!

s-IMG_1230_edited.jpg
植木も販売されていた。赤、ピンク、白の色どりが素晴らしい!
s-IMG_1229_edited.jpg

靖国神社。
お参りする参列者が並ぶ。
s-IMG_1232_edited.jpg

櫻の散策はつぼみか、少し散った頃が多いが
今回は満開の時に見ることができた。
少し肌寒い日であったが楽しい一日であった。
竹橋より帰路に着いた。
ブログランキングに参加しています。
この下のタグをクリックしてネ!!
"
 タグ
None

千鳥ヶ淵公園散策2

九段下まで続く櫻並木。
散った花は殆どなくまさに満開であった。
人並みに押され、ゆっくり観賞できなく残念!!
s-IMG_1213_edited.jpg 
s-IMG_1214_edited.jpg 
s-IMG_1215_edited.jpg 
s-IMG_1223_edited.jpg

ブログランキングに参加しています。
この下のタグをクリックしてネ!!

 タグ
None

千鳥ヶ淵公園散策1

  昨日は櫻を見に千鳥ヶ淵公園へ散策に出かけた。
最寄の駅より新橋駅地下鉄に乗り換え半蔵門駅まで約一時間であった。
駅を降りるとかなりの人で混雑していた。
最初に見たピンクの木蓮としだれ櫻。
s-IMG_1218_edited.jpg 
s-IMG_1220_edited.jpg 
s-IMG_1222_edited.jpg

s-IMG_1219_edited.jpg

ブログランキングに参加しています
この下のタグをクリックしてネ!!
 タグ
None

真鯛のソティー と フキの煮物

朝の通勤時間を早め今日もサクラをカメラに収めた。

s-IMG_1186_edited.jpg

s-IMG_1164_edited.jpg

ボケの赤が見事!!
s-IMG_1197_edited.jpg

今晩の料理は私の担当ではなかったが
真鯛とフキがあったので作ってみた。
真鯛のソティーは特に変わった作り方はしていないが
白ワインとバターソースを使った。
s-IMG_1203_edited.jpg

もうフキがでている。
油揚げとのコンビは最高だ。
一番好きな煮物である。
味はあくまでも薄味に。。。
旬の素材の素朴な味を楽しみたいものだ。
s-IMG_1204_edited.jpg

この煮物も亡き母が好きであった。
遺影の写真に言葉をかけ仏壇に供えてからいただいた。
今年も美しいサクラ美味しいフキと出会えた。
ささやかな幸せに感謝!!
ブログランキングに参加しています。  
この下のタグをクリックしてネ!!


 カテゴリ
 タグ
None

マグロの漬け丼とビーフン野菜炒め

s-IMG_1166_edited.jpg

今日も通勤途上で櫻を撮った。
きれいですね。暫らく立ち止まりウットリ!!

今晩のおかずは冷凍のマグロを解凍し
マグロの漬け丼と野菜炒めにした。
野菜炒めにはビーフンも入れた。
s-IMG_1117_edited.jpg

s-IMG_1169_edited.jpg

我が家の居候の猫のブチ。コタツに入り爆睡中
s-s-IMG_1153_edited[1]

    櫻が咲いてもまだコタツの中がイイニャ

ブログランキングに参加しています。
この下のタグをクリックしてネ
 カテゴリ
 タグ
None

ポークカツとかんぴょうの照り焼き

 s-s-IMG_0816_edited[1]


s-s-IMG_1162_edited[1]

  今夜はポークカツが主菜 。
副菜にはカノウユミコさんの
「野菜がおいしい!一生もののレシピ」の中から
かんぴょうの照り焼きを作ってみた。
もちろん初めて。。

・かんぴょう30gを水で戻し7-8分茹でる。
 戻し汁を1/2カップ残す。
・しょうゆ、砂糖、しょうが汁で下味をつけ、
 パットに並べ茶漉しを使って小麦粉をまぶす。
・フライパンにゴマ油を熱しこんがり焼き、しょうゆ、
 戻し汁で更に炒める。
・青のりをかけ出来上がり。

かんぴょうをこんな食べ方をしたのは始めて。
くたくたに甘辛く煮たかんぴょうからは想像できない
独特の食感と濃厚な旨みがある。
揚げてもいけそうだ。
家族は一体かんぴょうと気がつくであろうか?

ブログランキングに参加しています。
この下のタグをクリックしてネ!!

 カテゴリ
 タグ
None

アジのソテートマトソースかけ 鳥のひき肉団子の煮物

s-IMG_1145_edited.jpg

通勤途上で撮影した櫻、長かった寒さに耐え、
今年も見事に開花してくれた。春のいぶきの始まりだ。

  今夜の食卓も給料日だと言うのに質素でした。
倹約は美徳?ただ財布の中が寂しいだけの話し。
刺身用アジを買い急いで帰宅。ご飯が炊き上がるまでに3品作るのは
料理歴の浅い私には至難の業だ。
今日にメニューは何度も作っているのでレシピ本はいらない。

・アジを三枚におろしソテーし生のトマト、
 ピーマン、たまねぎ、シメジを バターで炒め、
 トマトソースを作る。

・鳥のひき肉の団子とダイコン、竹の子、
 ダイコンの葉の煮付けを作った。

s-IMG_1146_edited.jpg s-IMG_1141_edited.jpg
ブログランキングに参加しています。この下をクリックしてネ!
nking
 カテゴリ
 タグ
None

牛肉とブロッコリー炒め

  s-IMG_1072_edited.jpg s-IMG_1073_edited.jpg

昨日撮ったベランダのゼラニューム,サクラ草、と
パンジー。
パソコンから見える位置にあり花はいつも私を癒してくれる。
今夜のおかずは牛肉とブロッコリー炒めと煮物。
煮物は一昨年亡くなった母の大好物であった。
信州に帰省するたびに食卓に並んでいた。
味付けは母から妻にそして私に引き継がれている。
ダシは干し椎茸を一晩水につけたダシ汁。
干し椎茸は高価な為、生の椎茸を網に入れ
自分で干して使っている。
シメジやエノキ、エリンギも2-3日陽に干すと断然旨みが違う。
干しエノキを軽く炙って食するとビールのつまみに良く合う。
本題の「牛肉とブロッコリー炒め」は
・ブロッコリーはゆでる。ゆでないで牛肉と同時に
 炒めると牛肉は火が通りすぎ堅くなってしまう。
・牛肉を炒める合わせ調味料は
  オイスターソース、酒、水、鶏がらスープ、
  砂糖、片栗粉を使っている。
ブロッコリー以外にニンジン、竹の子、チンゲンサイも加えた。

IMG_1082_edited.jpg s-IMG_0651_edited.jpg


煮物を食べるたびに母を思う。美味しい、美味しいと言って食べていた
母の顔を思い浮かべ、思わず涙する。
もう母はいない。どんなに会いたくも天国にいる母には会えない。
これからも煮物を作り仏壇に供えたい。
そうすることにより母が身近にいる気がする。
お母さん「煮物ですよ」と供えたい。
合掌。。。。
ブログランキングに参加しています。
この下をクリックしてくださいネ!!

nking "
 カテゴリ
 タグ
None

鰤の鍋と照り焼き

昨晩は長男が帰宅した為財布から全財産を投資して
新鮮な鰤とスルメイカを買った。
スルメイカはイカスミのパスタを作ってみたかったからだ。
さあ~て鰤はどうしよう?
刺身か照り焼きが一般的だが鍋を思いついた。
私は照り焼きに家族は鍋にした。
鰤は「出世魚」と呼ばれ成長につれ名前が変わる。
東シナ海で生まれたゼロ歳魚は体調20cm、
体重120gほどで 「わかし」と呼ばれ関東では
一年後に「イナダ」更に成長し「ワラサ」と呼ばれている。
沖釣り好きな小生は秋にイナダ、ワラサを釣りに行くが
最近の釣果はよろしくない。
引きがいいのでイナダでも釣りは楽しめるが
食べては不味い魚である。
刺身でも煮付けでもいただけない。脂の乗りが悪い為だ。

スーパーや魚屋で購入する時は刺身には天然物、
照り焼きには養殖物と決めている。
養殖と天然物では脂の量が2倍も差があると言われてる。
養殖物は刺身ではしつこく、天然物を照り焼きにすると
脂が少ない為パサパサで美味しくない。
そこで照り焼きを美味しく食べるコツがある。
これは以前NHKためしてガッテンで放送されていた作り方だ。
焼く前に茶こしなどで小麦粉
まぶせば良いのだ。そして焼く時間は
・強火で熱したフライパンで1分、裏返してふたをして1分半。
・しょうゆ、酒、みりんの調味料を回しかけ30秒絡める。
焼く時間が長いと脂の流出が多くなるから短時間で調理することだそうだ。
鍋と照り焼きの写真です。

IMG_1135_edited.jpg s-IMG_0647_edited.jpg

ひじきが食べたくなったので作ってみた。
安くて、簡単で、栄養価が高く、美味しいから好きな料理だ!!
IMG_1088_edited.jpg

ブログランキングに参加しています。
nking
 カテゴリ
 タグ
None

ヤリイカの豚肉詰め

   19時を過ぎていたのでいつもの魚屋さんへ行き食材を物色した。
このお店は19時過ぎるとたいていの商品は半額になる。
今日はアジ、ヤリイカが半値になっていたのでイカをgetした。
刺身でもいける。沖釣りも趣味だから魚の鮮度は判断できる。
帰りのバスでレシピを考案。ヤリイカの肉詰めに決定した。
<材料>
  ヤリイカ    4杯(小さめ)
  豚肉      150gくらい(いつも適当)
  ホウレンソウ  1/2把
<作り方>
 ・豚肉は塩、コショウする。
 ・豚肉とホウレンソウを軽く炒める。
  味付けはうすくちしょうゆにみりん、
砂糖を少々
 ・ヤリイカの足をとり皮をむき塩、こしょうする。
 ・炒めた豚肉とホウレンソウをイカに詰める。
 ・軽くソティし取り出し輪切りにして皿に盛る

< 肉詰めにしたヤリイカ > 
s-IMG_1056_edited.jpg
 
 <調理後>
s-IMG_1057_edited.jpg s-IMG_1067_edited.jpg

    うまそうだにゃ(なまえ:くりちゃん)

<感想>
  ヤリイカは鮮度が良く柔らかく美味しかった。
  やはりスルメイカよりヤリがうまい、
  甘み、柔らかさでヤリに軍配があがる。
  スルメを使う時はワタで塩辛を作る。
 
ブログランキングに参加しています。>
nking

ブログランキング・にほんブログ村へ
 カテゴリ
 タグ
None

鎌倉長谷寺、大仏(高徳院)、八幡宮の散歩-2

 鎌倉駅より賑わう小町通りを抜け
櫻の花を求めて八幡宮へ。。
s-IMG_1043_edited.jpg

橋を渡り直ぐ左に咲いている桜だが既に葉桜であった。
s-IMG_1046_edited.jpg s-IMG_1048.jpg

八幡宮の正面と右脇に咲く櫻は満開だ。
素晴らしい美しさにしばし見とれる!!感激

s-IMG_1052_edited.jpg s-IMG_1055_edited.jpg

通りのお店、たくさんお面が並んでいた。

長谷と八幡宮で三時間の散策であった。
気温も20度と暖かく楽しい一日でした。
櫻の開花予想は26日とか?
この暖かさでは今週末には満開になるのでは。。。
今週末も鎌倉の花巡りが楽しみだ。
ブログランキングに参加しています。
nking
 タグ
None

鎌倉長谷寺、大仏(高徳院)、八幡宮の散歩-1

 三週連続で花巡りに出かけた。
最初に長谷寺、大仏(高徳院)に向かった。
途中に収玄寺の花を撮影した。途中に喫茶店の面白い暖簾が。。
s-IMG_1007-1_edited.jpg s-IMG_1009-1_edited.jpg
s-IMG_1010-1_edited.jpg s-IMG_1011-1.jpg


長谷寺に着き散策を開始。
s-IMG_1012-1_edited.jpg s-IMG_1015-1_edited.jpg

境内の櫻は既に葉桜だ!お地蔵さんがカワイイね。
s-IMG_1018-1_edited.jpg s-IMG_1016-1_edited.jpg

s-IMG_1021-1_edited.jpg s-IMG_1020-1_edited.jpg

s-IMG_1034_edited.jpg s-IMG_1030-1_edited.jpg

長谷寺を後にし、大仏(高徳院)に向かった。
相変らずの人気スポット、混雑していた。
s-IMG_1040_edited.jpg s-IMG_1038_edited.jpg


大仏(高徳院)を後にし江の電で鎌倉駅へ続く
ブログランキングに参加しています。
nking
 タグ
None

サーモンのムニエル★さっぱりきのこソース

今日は休み、近所の業務用スーパーで買出し。
買出しも料理も私の担当。主夫は辛い。。。。

<鮭のムニエルさっぱりきのこソース>
   もう一品はきれいな「かぶ」があったので、
   冷蔵庫の冷凍エビで
<かぶのえびそぼろ煮>

1.サーモンのムニエル★さっぱりきのこソース
 材料:3人分
<材料 >
     生鮭 3切れ
     エリンギ      100g
     えのき       100g
     ぶなしめじ     100g
      にんじん     1/2切れ
     ★粒マスタード   小さじ3
     ★醤油       大さじ3
     ★穀物酢      大さじ2
     ★みりん      大さじ1
     ★砂糖       小さじ1
     バター       大さじ2程度
     小麦粉       適量
     胡椒        適量
     塩         適量
 <作り方>
  ・鮭に塩コショウをふりキノコ類は適当に切っておく。
    ★の調味料を合わせておく
  ・鮭に小麦粉をまぶし、余分な粉を払う。
   フライパンにサラダ油大さじ2とバターを引いて熱し、
   鮭を入れて両面をこんがりじっくりと焼く。
  ・焼けた鮭は皿にもり、そのフライパンでキノコを炒める。
   しんなりと炒めたら、★の調味料をざっと入れて絡める。  
  ・皿に盛った鮭に上のキノコソースをかけて出来上がり!

2.かぶのえびそぼろ煮
 <材料 >
     かぶ(葉つき) 2個
     エビ      200g
     エビの下味
       酒、塩   適宜
     しめじ     1/2パック
 <煮汁>
     ダシ汁     2 1/2カップ
     みりん     大さじ 3
     薄口しょうゆ  大さじ 1 
     塩       小さじ 2/3 
 <その他>
     水溶き片栗粉
        片栗粉  大さじ 11/2
        水    大さじ 3
 <作り方>
  ・かぶは茎を残し半分に切り、葉は茹でる。
  ・エビに下味をつける
  ・鍋にダシ汁とかぶを入れ、10分ほど煮る
  ・みりん、醤油、塩で調味し5分ほど煮て
   しめじを加えしんなりするまで煮る。
  ・えびを加え色が変わるまでさっと煮、
   水溶き片栗粉でとろみをつける。
   ゆでた葉を加え少し煮て皿に盛る。
 たまたま、えびを使ったがブタのひき肉でも美味しいと思う。
 2品で約1時間弱の調理時間。              

 鮭のムニエルさっぱりきのこコソースは酢の味でさっぱりしていた。
 かぶのえびそぼろ煮もあっさり味で美味しかった。

s-IMG_1002_edited.jpg s-IMG_0998_edited.jpg s-IMG_1004_edited.jpg

ブログランキングに参加しています。
nking
 カテゴリ
 タグ
None

牛ヒレ肉サイコロ、おろしダイコン添え

  昨晩はアジフライだったので今日は肉料理
冷蔵庫に貧困家庭には珍しく牛ヒレ肉があったので
牛ヒレ肉サイコロ、おろしダイコン添えにした。

<材料3人分>
  牛ヒレ肉サイコロ
  塩 少々
  黒粒コショウ 少々
  赤ワイン 100ml
  おろしダイコン 2カップ
  醤油 大さじ2

<付け合わせ>  
 ホウレンソウ、もやし

<作り方>
(1)牛肉は、塩・コショウをふる。
(2)フライパンにバターを熱し、(1)を好みの焼き加減に焼き、
  赤ワインをふってフランベし、取り出す。
(3)(2)のフライパンをこそげながら、肉汁を少し煮詰め、
  バターをいれホウレンソウ、もやしを炒める。
(4)器に肉と野菜を盛り、肉におろしダイコンをのせる。
(5)食べる時ポン酢を少しかける。

我が家では牛ヒレ肉なんて滅多に食卓にのらないので
明日のおかずが心配だ!!
明日はきっと漬物と味噌汁だけになるのかな???
s-IMG_0994_edited.jpg

s-IMG_0898_edited.jpg


猫は食用ではありませんぞ!!
我が家の美人猫です。
ブログランキングに参加しています。
nking
 カテゴリ
 タグ
None

豚肉チンジャオロース風料理

  今夜のおかずはチンジャオロース風料理です。
但し牛肉ではなく豚肉で、たけのこの代わりにジャガイモを使った。

<材料>
  ・豚肉    300g
  ・ピーマン  3個
  ・ジャガイモ 3個(小)
  ・にんにく  1かけ
  ・サラダ油  大さじ2

<下味>
  ・酒
  ・しょうゆ
  ・サラダ油
  ・片栗粉
        各小さじ1-2

<合わせ調味料>
  ・しょうゆ  大さじ2
  ・酒     大さじ1
  ・砂糖    小さじ1
その他
  ・水溶き片栗粉 適宜
  ・こしょう   少々 
  ・ゴマ油    少々

<作り方>
  1.肉に下味をつける
    下味の材料と一緒にもみ込む。
  2.炒める
    ・サラダ油大さじ1/2を足して肉の色が変わるまで炒め
     取り出す。
    ・先にジャガイモを色が変わるまで炒め
     ピーマンを加え更に炒める。
    ・肉を加え合わせ調味料を入れ炒める。
    ・更にヤンニンタレを加える。
    ・水溶き片栗粉を良くかき混ぜ回し入れる。
    ・こしょう、ごま油を加え混ぜて皿に盛る。
 
<感想>
    豚肉とジャガイモは合性がいいです。
    肉料理には必ずヤンニンタレを使うが
    これが味の決め手になっている気がする。

料理名は「チンジャオロース風」としたが
これは 「チンジャロース」かもしれない
    (座布団一枚かな??)

写真は同じ料理を盛り付けたものだが
皿の違い(色)により雰囲気が変わるものだ。

s-IMG_0991_edited.jpg
s-IMG_0989_edited.jpg


ブログランキングに参加しています。
nking
 カテゴリ
 タグ
None

池上本門寺

池上梅園に隣接する本門寺を示唆ぶりに訪れた
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によると

<起源と歴史>
本門寺は、日蓮が生涯最後の20数日間を過ごし死去した、
武蔵国千束郷(東京都大田区池上)の地に建てられた寺院である。
弘安5年(1282年)9月8日、当時61歳で病をかかえていた日蓮は、
本拠地の身延山をあとにした。
常陸(茨城県)の湯治場へ病気療養へ向かう予定だったという。
9月8日、日蓮は武蔵国千束郷にあった鎌倉幕府の御家人
・池上宗仲の屋敷に到着し、10月13日、ここで没した。
日蓮が荼毘に付された後、池上が土地を寄進し、
日蓮の弟子の日朗が伽藍を建立したのが本門寺であるとされている。
池上宗仲の屋敷跡は本門寺西側の谷下にあり、本行寺という寺になっている。
本門寺は、鎌倉・室町時代を通じて関東武士の庇護を受け、近世に入ってからも徳川家や諸侯の祈願寺となり栄えた。
第二次世界大戦の空襲によって五重塔、総門、経蔵、宝塔を除く堂宇を焼失した。
現住は82世酒井日慈貫首。
s-IMG_0949_edited.jpg s-IMG_0959.jpg s-IMG_0961_edited.jpg

s-IMG_0953_edited.jpg s-IMG_0960_edited.jpg s-IMG_0969_edited.jpg

s-IMG_0965_edited.jpg s-IMG_0972_edited.jpg


本門寺の階段脇に櫻が咲いていたのには驚いた(三段目)。
二時間ばかりの散策ではあったが天候にも恵まれ
春の訪れを感じ帰路に着いた。

本門寺公式ホームページはここ
ブログランキングに参加しています。
nking
 タグ
None

池上梅園

  先週の湯島天神に続き今日は池上梅園に出かけた。
今日は先週以上に梅見物には最高のお日和だった。
戸塚駅より50分で東急池上駅に着いた。
池上駅より徒歩15分梅園に着き受付で100円の入園料を払い
園内に入った。
池上梅園は丘稜斜面をうまく利用して、段差をつけて
梅を配置しているのが素晴らしく毎年楽しみにしている。
園内には、ウメが約370本あり、芳香を放ちながら
紅白の花が咲き乱れていた。
また、園内にはツツジ約800株をはじめとする
樹木、茶室、和室の施設もある。
 梅は満開で色々な種類が暖かい日差しに咲き誇っていた。
桜もそうだが、満開の時より7,8分咲きの頃が私は好きだが
花の下を通るとほのかに梅の香りが漂ってきてウットリする。
<写真の上をクリックすると拡大します>

s-IMG_0900_edited.jpg s-IMG_0901_edited.jpg s-IMG_0902_edited.jpg

s-IMG_0903_edited.jpg s-IMG_0904_edited.jpg s-IMG_0906_edited.jpg

s-IMG_0910_edited.jpg s-IMG_0918_edited.jpg s-IMG_0921_edited.jpg

s-IMG_0923_edited.jpg s-IMG_0926_edited.jpg s-IMG_0936_edited.jpg
 s-IMG_0886_edited.jpg s-IMG_0941_edited.jpg s-IMG_0885_edited.jpg

 今年の梅も素晴らしかった。
一時間ほど散策して来年も訪れようと誓い池上本門寺に向かった。
  大田区ホームページはここ
" ブログランキングに参加しています。
nking
 タグ
None

湯島天神

  陽が少し緩くなり恒例の「文京梅まつり」が開かれている
東京都文京区の湯島天神に向かった。

鎌倉が近いが残念ながら鎌倉は宝戒寺、頼朝の墓辺りに
梅は見られるが梅園は存在しない。
戸塚駅ー東京ー大手町経由で湯島まで約1時間強の道のりであった。

湯島天神は文明10年(1478)に太田道灌が再興、
天神様・菅道道真を祀り、学問の神様として参拝者が多く
亀戸天神、谷保天満宮とならび江戸三大天神として知られている。

「梅」について調べてみると
[花言葉]
     高潔、忠実、気品
[名前の由来]
     梅の語源は「熟む実」「うつくしくめずらしい」から
     来たといわれている。
[知って得する?! 梅の知識]
     「梅は匂いよ、桜は花よ」という謡があるくらい、
      梅は気品高い清らかな香りがする花。

当日の梅は8分咲きか?来週の土日が見頃かもしれない。
写真で紹介します。(写真の上でクリックすると拡大されます)

s-IMG_0878_edited.jpg s-IMG_0887_edited.jpg s-IMG_0879_edited.jpg

<梅の写真>

s-IMG_0880_edited.jpg s-IMG_0881_edited.jpg s-s-IMG_0882_edited.jpg
s-IMG_0884_edited.jpg s-IMG_0885_edited.jpg s-IMG_0886_edited.jpg

s-IMG_0888_edited.jpg s-IMG_0889_edited.jpg


一時間ばかりの散策であったが境内は仄かな梅の香りが漂い
春の一時を充分堪能できた。
梅の次は櫻、つぼみもふくらみ初め間もなく開花し
本格的な春を迎える。
もう少しゆっくりしたかったが、低気圧が通リ過ぎる為か
雨がポツポツと落ちてきた。
気品とどこう梅が雨に打たれないことを祈りながら
湯島天神を後にした。

湯島天神公式サイトはここ
ブログランキングに参加しています。
nking "
 タグ
None

六義園

過去東京に21年も住みながら殆ど東京の事は知りません。
そこで昨年より四季の鎌倉散策と併行して「東京下町散策」を
ライフワークのひとつにしました。
今回は駒込駅に程近い「六義園」に行ってみました。
「六義園」・・・読み方は築造当時には「むくさのその」と
よばれていたそうですが、現在では漢音読みで「りくぎえん」と読みます。
<紹介>
1.作った人
  六義園」を造ったのは五代将軍徳川綱吉の側用人「柳沢吉保」です。
2.園内の特徴
  園内には万葉集や古今集から選らばれた歌にちなむ88景が
   散りばめられています。
  広さは約88,000㎡、真ん中の池を回りながら景色を楽しむ
  回遊式築山泉水庭園」といわれています。
  柳沢吉保は忠臣蔵などではダーティーなイメージがありますが
  このような優雅な庭園も造っていたんですね。
3.「六義」とは調べてみますと
漢詩の分類法の「賦・比・興・風・雅・頌」からきていて、
   賦・・・感想をそのまま述べたもの。
比・・・例をとって感想を述べたもの。
興・・・外物にふれて感想を述べたもの。
  風・・・民間で行われる歌謡。
  雅・・・朝廷でうたわれる詩歌。
  頌・・・霊廟や碑に刻まれる詩歌。
  という六種の分類のことなんだそうですが良くわかりません。

紅葉もとっくに終わり園内は人も少なかったのですが、
天候に恵まれ都会とは信じられない静寂な雰囲気で
素晴らしいひと時を過ごすことができました。
桜、紅葉の時期に又訪れて見たいですね。
写真は園内を撮影したものです。 
 s-IMG_0738_edited.jpg s-IMG_0734_edited.jpg s-IMG_0724_edited.jpg
 s-IMG_0724_edited.jpg s-IMG_0720.jpg

参考:
   関連ホームページ --> 公園に行こう  
ブログランキングに参加しています。
nking
 タグ
None
Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。