月別アーカイブ:2008年06月

2008年06月の記事一覧。退職後豊後高田市に移住し田舎ぐらしの体験を綴っています都会で消耗している方々に田舎は人生の楽園です豊かな自然に囲まれ人生をエンジョイしましょう!!

過去記事ー鎌倉散策
一通り写真を撮り本堂に入った。<本堂>紫陽花を長谷寺、極楽寺、成就院と見たので、次は明月院辺りだがこの時期は混雑していて写真を撮るのは難しい。瑞泉寺、鎌倉宮の山紫陽花を見に行きたいですね。 ブログランキングに参加しています。この下をポッチと押してくださいネ!!...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
  極楽寺より5分で成就院に着く。早朝であったためこの時期としては訪問者はまだ少なかった。成就院の由来をサイトで調べてみると由来: 平安時代の初期、承久元年(1219年)に 鎌倉幕府第三代の執権北条泰時は京都より高僧を招き、 本尊に不動明王をまつり寺を建立し、普明山法立寺成就院と称した。 元弘三年(1333年)新田義貞の鎌倉攻めの戦火にて寺は焼失したが、 元禄期(1688年~1703年)に再び僧祐尊...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
 先週(6/7)早朝極楽寺、成就院に紫陽花を見に行った。 紫陽花の名所ゆえお昼頃になるとかなり込み合うので開門と同時に 中に入った。 この寺について「鎌倉の名所・旧跡一覧」サイトより抜粋すと 由来:   この寺は、鎌倉唯一の真言律宗の寺。 建立したのは、北条義時の三男・重時であったが、政冶に執着することなく、出家してその邸に極楽浄土の姿を現そうとして大寺建立を思い立ち、正元元年(1259)に造営を始めた。 と...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
  文学館ー長谷寺の写真をその1、その2で紹介しましたがまだUPしていない写真の中でよさそうな写真を追加UPしますのご覧ください。<文学館> 写真の上でクリックすると拡大されます。...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
写真の上でクリックすると拡大されます。携帯でもこの大きさなら問題なく美しく撮れますね。確か400万画素ですが。。上の写真の紫陽花は額紫陽花とは違うようです。淡いブルーがとても艶やかです。こんな紫陽花は初めて見ました。拡大してみました。...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
文学館より5分くらいで長谷寺に着く。受付で参拝料300円を払い境内に入った。この寺の由緒をWikipediaより抜粋すると 長谷寺は、鎌倉市にある浄土宗系統の単立寺院。山号を海光山、院号を慈照院と称し、本尊は十一面観音、開山は徳道上人とされる。坂東三十三箇所観音霊場の第四番札所である。 伝承では長谷寺の創建は奈良時代とされているが、中世以前の沿革は明確でなく、創建の正確な時期や経緯についても解明されてい...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
 引き続きバラの写真をご覧ください。...

記事を読む

過去記事ー鎌倉散策
 普段は日曜日は完全休養日にしているが、今日は鎌倉文学館の春のバラ園の最終日でありまた近くの長谷寺の紫陽花も開花していそうなので先週に引き続き鎌倉に向かった。文学館の9時開門に間に合うよう7時半家を出た。  最初の鎌倉文学館へは鎌倉駅から江ノ電に乗り換え由比ガ浜駅で降りた。文学館は Wikipediaによると1890年頃に侯爵前田利嗣の鎌倉別邸として建てられたが、1910年(明治43年)に火事により失われ現在の建物は...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

鎌倉散策ー成就院ーその2

一通り写真を撮り本堂に入った。

<本堂>

IMG_2140_edited.jpg

IMG_2131_edited.jpg

IMG_2129_edited.jpg

IMG_2122_edited.jpg

IMG_2121_edited.jpg


紫陽花を長谷寺、極楽寺、成就院と見たので、
次は明月院辺りだがこの時期は混雑していて写真を撮るのは難しい。
瑞泉寺、鎌倉宮の山紫陽花を見に行きたいですね。

ブログランキングに参加しています。この下をポッチと押してくださいネ!!

» 記事の続きを読む

スポンサーサイト
 タグ
None

春の鎌倉散策ー成就院ーその1

  極楽寺より5分で成就院に着く。
早朝であったためこの時期としては訪問者はまだ少なかった。

成就院の由来をサイトで調べてみると
由来:
 平安時代の初期、承久元年(1219年)に
 鎌倉幕府第三代の執権北条泰時は京都より高僧を招き、
 本尊に不動明王をまつり寺を建立し、普明山法立寺成就院と称した。
 元弘三年(1333年)新田義貞の鎌倉攻めの戦火にて寺は焼失したが、
 元禄期(1688年~1703年)に再び僧祐尊により再興され
 現在にいたっている。
以下紫陽花を写真でご覧ください。
写真の上でクリックすると拡大します。
<本堂手前坂道>
IMG_2067_edited.jpg

IMG_2068_edited.jpg

IMG_2072_edited.jpg


IMG_2077_edited.jpg
<遠方の由比ガ浜>
IMG_2089_edited.jpg

IMG_2136_edited.jpg


ブログランキングに参加しています。この下をポッチと押してくださいネ!!

» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー極楽寺

 先週(6/7)早朝極楽寺、成就院に紫陽花を見に行った。
紫陽花の名所ゆえお昼頃になるとかなり込み合うので開門と同時に
中に入った。
この寺について「鎌倉の名所・旧跡一覧」サイトより抜粋すと
由来:
  この寺は、鎌倉唯一の真言律宗の寺。
建立したのは、北条義時の三男・重時であったが、政冶に執着することなく、出家してその邸に極楽浄土の姿を現そうとして大寺建立を思い立ち、正元元年(1259)に造営を始めた。
ところが工事半ばの弘長元年(1261)に重時は亡くなりその子・長時と業時が父の志を継いで完成させた。ーーー以上サイトより。

  小さな茅葺の山門も境内も素朴で質素な印象を受ける静かな古刹。
写真で紹介しますのでご覧ください

(写真の上でクリックすると拡大されます)

<山門手前の陶製の風鈴>
IMG_2044_edited.jpg

<山門>
IMG_2052_edited.jpg

<紫陽花>
IMG_2041_edited.jpg
 
IMG_2042_edited.jpg
 
IMG_2045_edited.jpg


この後極楽寺坂を進みアジサイで有名な「成就院」へ向かった。

ブログランキングに参加しています。この下をポッチと押してくださいネ!!

» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー文学館ー長谷寺ーその他

  文学館ー長谷寺の写真をその1、その2で紹介しましたが
まだUPしていない写真の中でよさそうな写真を追加UPしますのご覧ください。
<文学館>
 
写真の上でクリックすると拡大されます。
IMG_1913_edited.jpg

IMG_1915_edited.jpg

IMG_1917_edited.jpg

IMG_1946_edited.jpg

» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー長谷寺ーその2

写真の上でクリックすると拡大されます。
F1000048_edited.jpg

携帯でもこの大きさなら問題なく美しく撮れますね。
確か400万画素ですが。。
F1000049_edited.jpg

上の写真の紫陽花は額紫陽花とは違うようです。

淡いブルーがとても艶やかです。こんな紫陽花は初めて見ました。
F1000050_edited.jpg

拡大してみました。
F1000052_edited.jpg

» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー長谷寺ーその1

文学館より5分くらいで長谷寺に着く。
受付で参拝料300円を払い境内に入った。
この寺の由緒をWikipediaより抜粋すると
長谷寺は、鎌倉市にある浄土宗系統の単立寺院。山号を海光山、院号を慈照院と称し、本尊は十一面観音、開山は徳道上人とされる。坂東三十三箇所観音霊場の第四番札所である。
伝承では長谷寺の創建は奈良時代とされているが、中世以前の沿革は明確でなく、
創建の正確な時期や経緯についても解明されていない。
天気が良くしかも日曜日なので既に多くの人が訪れていたが
順番を待つことなく散歩道に向かった。
全体では6部程度の開花で山頂の紫陽花は見事に咲いていた。散歩道からの紫陽花の写真をご覧ください。

写真の上でクリックすると拡大されます。

<山門>
IMG_1990_edited.jpg

<入って直ぐに鉢植えの石楠花>
IMG_1989_edited.jpg

<池の中の蓮の花>とてもかわいいですね!!IMG_1986_edited.jpg

階段をゆっくり登り本堂へ
<本堂>
IMG_1987_edited.jpg

ここからゆっくり山道を登るとたくさんの紫陽花が咲いていた。IMG_1983_edited.jpg



» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー鎌倉文学館ーその2

 引き続きバラの写真をご覧ください。IMG_1921_edited.jpg

IMG_1923_edited.jpg

IMG_1927_edited.jpg

IMG_1928_edited.jpg

IMG_1935_edited.jpg

» 記事の続きを読む

 タグ
None

春の鎌倉散策ー鎌倉文学館ーその1

 普段は日曜日は完全休養日にしているが、
今日は鎌倉文学館の春のバラ園の最終日でありまた
近くの長谷寺の紫陽花も開花していそうなので
先週に引き続き鎌倉に向かった。
文学館の9時開門に間に合うよう7時半家を出た。

 最初の鎌倉文学館へは鎌倉駅から江ノ電に乗り換え由比ガ浜駅で降りた。文学館は Wikipediaによると1890年頃に侯爵前田利嗣の鎌倉別邸として建てられたが、1910年(明治43年)に火事により失われ現在の建物は
侯爵前田利為が1936年(昭和11年)に洋風に全面改築した建築物である。

 鎌倉文学館の庭園にはバラ園があり、世界数カ国、
170種を越えるバラがあり春と秋のシーズンには、手入れの行き届いたバラたちが美しさを競い合っている。

バラの名前が分かりませんので今度図鑑で調べます
<写真の上でクリックして拡大して見て下さい>

<入り口手前から見える館内>
IMG_1898_edited.jpg

<バラ園から見た文学館>
IMG_1900_edited.jpg

<     >
IMG_1907_edited.jpg

<      >
IMG_1901_edited.jpg

<ピース ? >
IMG_1909_edited.jpg

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。