月別アーカイブ:2015年02月

2015年02月の記事一覧。退職後豊後高田市に移住し田舎ぐらしの体験を綴っています都会で消耗している方々に田舎は人生の楽園です豊かな自然に囲まれ人生をエンジョイしましょう!!

田舎ぐらしー豊後高田市
 大分県豊後高田市は、昔しながらの風習や文化が依然として生活の中に溶け込んでいる古き良き時代の面影を残す町と知られています。 昭和の町を中心に、懐かしい古い町並みや伝統行事などを知ることができタイムスリップしたような感覚が心に残り優しさに触れることができる町です。きっと訪れた方々の心に懐かしさと思い出を残す素朴な町に癒されることでしよう!!また豊後高田市は自然環境に恵まれ長年受け継がれてきた美しい...

記事を読む

田舎ぐらしー移住情報
<田舎で暮らす目的>   あなたは・・ いったい田舎で「何を」したいのでしょうか?   この問に即答できれば良いのですが出来ない人は問題です  田舎には確かに都会人が憧れる素晴らしい自然環境は整っていて  ゆたかな自然環境は誰でも体感できますがそれだけでは生活は成り立ちません   田舎には都会では考えられない田舎特有の辛い実生活も存在していることを  認識し覚悟も必要になります  単なる憧...

記事を読む

No Image

田舎ぐらしー移住情報
   今年の政府方針の重要課題に地方創生が安倍政権から掲げられ  その司令塔となる「まち・ひと・しごと 創生本部」が、本格始動した    (2014年り6月24日閣議決定より)  この政策の基本方針の中に「地方への移住」が課題としてあげられ   検討項目の中に  ①地方への新しいひとの流れをつくる   ②地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする  ③若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる   ④...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

大分県豊後高田市の紹介

温泉

 大分県豊後高田市は、昔しながらの風習や文化が依然として生活の中に
溶け込んでいる古き良き時代の面影を残す町と知られています。

 昭和の町を中心に、懐かしい古い町並みや伝統行事などを知ることができ
タイムスリップしたような感覚が心に残り優しさに触れることができる町です。

きっと訪れた方々の心に懐かしさと思い出を残す素朴な町に癒されることでしよう!!
また豊後高田市は自然環境に恵まれ長年受け継がれてきた美しい自然

六郷満山文化の歴史が織り成す豊かな風土は千年のロマンを感じさせます

» 記事の続きを読む

スポンサーサイト

田舎暮らし心構え

<田舎で暮らす目的>

   あなたは・・ いったい田舎で「何を」したいのでしょうか?

   この問に即答できれば良いのですが出来ない人は問題です
  田舎には確かに都会人が憧れる素晴らしい自然環境は整っていて
  ゆたかな自然環境は誰でも体感できますがそれだけでは生活は成り立ちません

  田舎には都会では考えられない田舎特有の辛い実生活も存在していることを
  認識し覚悟も必要になります
  単なる憧れだけの人はすぐに単調で退屈な生活に飽きて長続きしません

  田舎暮らしで「何をしたい」ですか?
  何を望んで田舎で生活したいのですか?
  もう一度ご自身の心に問うて下さい!!
田舎の風景


  ・農業や酪農をやりたい
  ・こじんまりとした民宿を営んでみたい

  ・ぶどうを栽培してワインを作りたい
  ・海釣りや渓流釣りなど「毎日釣り三昧の生活をしたい」

  ・陶芸をしたい
  ・野菜を作り道の駅やスーパーに出荷したい

  ・パン焼きが好きでお店を持ちたい
  ・蕎麦打ちを習って自分の店を持ちたい
  ・子供が喘息やアトピーなど病気があり住まいの環境を変えたい

  などなど田舎暮らしで何がしたいのかが明確になっていますか?
  やりたいことが明確になっている人は大丈夫ですが

  漠然と田舎暮らしに憧れている人、他人の話しだけで良いイメージだけ
  持っている人などは要注意です!!
  便利な都会生活を捨ててまで田舎に魅力がありますか?

  失うもの以上に田舎ぐらしで得られるものが多いと思う人のみ
  田舎ぐらしの適正があるといえます

   

» 記事の続きを読む

 タグ
None

地方創生

   今年の政府方針の重要課題に地方創生が安倍政権から掲げられ
 その司令塔となる「まち・ひと・しごと 創生本部」が、本格始動した
   (2014年り6月24日閣議決定より)

  この政策の基本方針の中に「地方への移住」が課題としてあげられ
  検討項目の中に
 ①地方への新しいひとの流れをつくる
  ②地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする
 ③若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる
  ④時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守る
 ⑤地域と地域を連携する

  以上の項目について集中的に検討を進め、改革を実 行に移すそうだ
  これは都市から田舎に移住することを国策として推進するという意味
  日本の人口減少の対策にもなる大変重要な課題だと思う

  そこで「まち・ひと・しごと 創生」が成功するには一体
  どうすれば良いのか考えてみよう!!

< 田舎暮らしへの憧れ?こころの変化>

    高度成長時代は人々の意識は豊かさのみ追求してきたが低成長時代になり
   人の心も次第に精神的な安定を求めるようになってきた

 都会の生活から抜け出し、日本の片田舎で静かに余生を送りたいというシニアも増えている
 また環境の良い田舎で自然に接し自然の中で子育てを望んでいる若い夫婦もたくさんいる

   都会での暮らしから自然と共存する人間本来の生き方ができる田舎暮らしへの
    憧れは時代の流れ、要請ではないかと思う

    田舎での生活は大自然の中で山菜採り、自分で作り、自分で食べて楽しむ
    野菜作りや 釣り、散策など、
   田舎暮らしは都会では味わえない豊かな生活、楽しみがあるがその反面、
    さまざまな不安から都会から田舎への移住は思うように進まない

   < 田舎暮らしへの心配>

   過疎化がますます進む地方で一体働き口があるのか?
    収入も都会よりかなり減収するのでは?
    生活面で車以外の移動手段がなくて大丈夫なのか?
    買い物は?スーパーやコンビニはあるの?
   近くに病院がなく病気になったら心配

    などなど生活面での不便さや不安を感じる人も多く移住を困難にしている

   また政府発表の資料でも移住での「不安」「懸念」の項目は
    ・働き口がない
    ・日常生活の利便性
    ・共通交通の利便性

   などが指摘されどこの地方にも共通した課題になっている

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。