スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None

住みたい田舎ベストランキング

スポンサーリンク


  今年も宝島社が2015年版 「住みたい田舎ベストランキング」を発表しています

 管理人は移住3年前からこの「田舎暮らしの本」なる雑誌を購読し
 定年後の「人生の楽園」を探し求めてきました

田舎ぐらしの本


 「住みたい田舎ランキング」は、定住促進に積極的な295市町村を対象に、
 10ジャンル全95項目のアンケートを実施し、
“田舎暮らしに最適な自治体”をランキング形式でまとめたものです

 アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要な評価ポイントとなる
「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」
「医療介護体制の充実度」などの項目を詳細に設定し
 評価しています

 2015年版栄えある
 ■総合ランキングでは

 1位は島根県大田市
  2位鳥取県鳥取市
  3位大分県豊後高田市


  以上の順でした
  同率3位には鹿児島県薩摩川内市が、
  5位には佐賀県武雄市がベスト5のランキング結果となっています

  その他大分県では竹田市が第6位、宇佐市と豊後大野市が第12位、
  国東市が第32位、日出町が第36位と、トップ50に6団体が選ばれています


  管理人が住む大分県豊後高田市一昨年は1位で昨年も3位と
 この3年間で「住みたい田舎ベストランキング」に
 3年連続その名を連ねています
 これは全国でも豊後高田市のみです



  総合1位の島根県大田市は「移住者支援制度の充実」
「手厚い就職・就農支援」「子育てのしやすい環境」など
 の点が優れて選ばれたようです
 
 この「田舎暮らしの本」は総合ランキングのほかに、読者ニーズに合わせ
  ・「子育て世代にぴったりな田舎」
  ・「シニア世代が暮らしやすい田舎」
  ・「週末に通える田舎」など、

 計7つの部門別ランキングも発表しています
 
 ■部門別ランキングでは

 ・子育て世代にぴったりな田舎: 1位 伊那市(長野県)
 ・シニア世代が暮らしやすい田舎:1位 武雄市(佐賀県)
 ・週末に通える田舎:       1位 館山市(千葉県)

 7つの部門別ランキングのうち、大分県では

  ・「週末に通える田舎」部門の「福岡から通えるベスト5」の第5位に別府市と九重町
  ・「古きよき日本の田舎」部門第3位に豊後大野市
  ・「チャレンジしたい若者におすすめの田舎」部門第1位に竹田市
    第4位に豊後高田市
  ・「自然豊かで便利な田舎」部門第4位に豊後大野市
  ・「不便だけど魅力的な田舎」部門第3位に姫島村
  ・「空き家の登録件数が多い」部門第3位に豊後高田市
 
 IMG_0780.jpg

  このように大分県は多くの魅力的な市町村があり
  当該誌の愛読者はがき調査によると

  ・移住したい都道府県ランキング」で第9位(昨年10位)
  ・「年代別ランキング」のうち「60代~70代」で第5位(昨年と同順位)
   にランクインしています
  
  さあ~ いかがですか
  あなたも「人生の楽園」を大分県に求めてみませんか
  その中でも豊後高田市は ”よか田舎ですよ”!!

スポンサーリンク

 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。