スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None

池上本門寺

スポンサーリンク

池上梅園に隣接する本門寺を示唆ぶりに訪れた
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によると

<起源と歴史>
本門寺は、日蓮が生涯最後の20数日間を過ごし死去した、
武蔵国千束郷(東京都大田区池上)の地に建てられた寺院である。
弘安5年(1282年)9月8日、当時61歳で病をかかえていた日蓮は、
本拠地の身延山をあとにした。
常陸(茨城県)の湯治場へ病気療養へ向かう予定だったという。
9月8日、日蓮は武蔵国千束郷にあった鎌倉幕府の御家人
・池上宗仲の屋敷に到着し、10月13日、ここで没した。
日蓮が荼毘に付された後、池上が土地を寄進し、
日蓮の弟子の日朗が伽藍を建立したのが本門寺であるとされている。
池上宗仲の屋敷跡は本門寺西側の谷下にあり、本行寺という寺になっている。
本門寺は、鎌倉・室町時代を通じて関東武士の庇護を受け、近世に入ってからも徳川家や諸侯の祈願寺となり栄えた。
第二次世界大戦の空襲によって五重塔、総門、経蔵、宝塔を除く堂宇を焼失した。
現住は82世酒井日慈貫首。
s-IMG_0949_edited.jpg s-IMG_0959.jpg s-IMG_0961_edited.jpg

s-IMG_0953_edited.jpg s-IMG_0960_edited.jpg s-IMG_0969_edited.jpg

s-IMG_0965_edited.jpg s-IMG_0972_edited.jpg


本門寺の階段脇に櫻が咲いていたのには驚いた(三段目)。
二時間ばかりの散策ではあったが天候にも恵まれ
春の訪れを感じ帰路に着いた。

本門寺公式ホームページはここ
ブログランキングに参加しています。
nking

スポンサーリンク

 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 団塊のおじさん田舎ぐらしの体験記-豊後高田市 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。